フライヤー印刷で集客を見込むには紙選びから

印刷機

申込み方法の確認

フライヤー印刷は専門業者に任せたほうがキレイな仕上がりのものを手に入れることができるようになります。最近ではオンラインでの発注も可能となっているので、気軽に依頼をすることもできるようになっており、便利です。

紙選びは慎重に

印刷機

素材になる紙は特性を把握して確実にリーチ

フライヤー印刷はデザインや文字のフォントやメッセージなどはもちろん、紙の質によっても大きく左右されます。高級感を演出したいのであれば手触りにもこだわりたいところ。マットな色合いで荒れバラグジュアリーな雰囲気、新聞の折込広告であれば、手触りが滑らかで厚みのあるものなどが想定されます。フライヤー印刷に用いられる用紙は、主に光沢紙(コート紙)・マットコート紙・普通紙(上質紙)の3種類です。光沢紙はその名前のとおり光沢のある表面で、各種の雑誌の表面を飾っている素材です。厚みにはバリエーションを盛っており、雑誌表紙などは厚めのタイプが、新聞の折込広告などでは、薄いタイプのものが多く使用されています。表面が滑らかでありながら、色の定着性にすぐれており、しかもコストはリーズナブルなため大量のフライヤー印刷のニーズに剥いています。特に写真を多用するデザインで実力を発揮する素材です。マットコート紙は一定以上の発色性は兼ね備えつつも、表面の光沢を押さえることができるので、イラストや文字の多いフライヤー印刷に剥いています。適度な光沢と発色性のよさは、イラストの印刷に強く、光沢を抑えるので文字も読みやすいという特長があります。普通紙はオフィスなどで利用されることの多い、コピー紙などとほぼ同じ手触りと発色です。マットコート紙などと異なり表面には何の加工もされていません。そのためメモ欄を設けたい講習用のフライヤー印刷やスタンプラリー用紙などにむいています。

女性

企業が選ぶ理由

フライヤー印刷を依頼する時、メリットとして大量印刷ができたり打ち合わせが常に行えたりする点です。各企業でコストなどを気にしますが、1枚単位で代金を決めているケースが多いです。ただしデメリットもあり、時間や枚数を意識することが大切です。
印刷機

業者によって対応を選べる

業者に発注してフライヤー印刷をするのが人気なのは競合との差別化のために独自性を生み出しているからです。即日納品やフライヤー制作なども依頼できるようになっているため、目的に応じた利用をしやすくなっています。
広告

依頼をする場合の選択

フライヤー印刷を専門業者に発注したいと考えているのであれば、複数の業者に見積もりの依頼を行うとよいでしょう。そうすることによって、費用の差も分かってきますし、コストの削減人もつなげることができるようになります。
ボタン

フライヤーは業者に依頼

販促や集客など、さまざまな場面で活用されているフライヤー。人目を引く効果的なフライヤーを格安で作成するには、専門業者によるフライヤー印刷を利用するのが一番です。インターネットからの発注やスピーディーな仕事など、便利に活用することが可能です。